email

 HOMESTUDY > 通じる英語を話す方法と発音トレーニング


あなたの英語は通じない?


海外留学経験者(日本人)がアメリカ人と英語で会話しようとしたものの、全く通じていない場面に遭遇したことがあります。アメリカ人からは目線で助けを求められましたが、発音が悪い英語を言い直すと本人のプライドを傷つけそうなので、手助けができず困ったことがあります。

なぜ通じなかったかというと、rとlの発音の区別ができず、全てrの発音で話していることが原因です。聞こえてくる英語を文字にすると次のような感じになります。

ret me give you an exampre. they can make perfectry werr-designed products.

ネイティブではない外国人が話す英語に慣れている欧米人であれば、rとlの発音を頭のなかで直して聞き取ることができますが、慣れていない場合は全く通じなくなります。

留学先の英語教師と周囲の学生は、アジア圏のなまりの強い英語に当然慣れているので、rとlを区別しなくても通じてしまうのかもしれません。しかし、ノンネイティブと話す機会の少ないネイティブであれば、発音が悪いと絶対に通じません。

1年間留学しても英語が通じない人もいれば、留学経験がゼロでも英語を流暢に話せる人(それは私)もいます。その差を生み出すのは留学経験でも欧米人との会話練習でもなく、意識して発音するトレーニングです。

このページでは、お金を掛けない発音トレーニングの効果的な方法と、日本人が苦手とする発音(rとl、thとs)の効率的な練習方法について解説しています。

ビジネス文書の翻訳サービス始めました
定額の翻訳サービス

サイト内検索


発音トレーニング

まずは英語の発音を学ぶ


英語の母音と子音の数は日本語より多く、聞く場合も話す場合も発音が重要になります。この本ではCDとDVDで発音を聞くことができるため、初心者でも理解しやすく、この一冊だけで発音はマスターできてしまいます。

1年間留学するよりも効果的に発音のコツがわかるため、発音に自信がない人は購入することをおすすめします。日本の学校教育では体系的な発音練習が行われていないため、ビジネスに関わる人だけではなく中高生にもおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 辞書の発音記号がよくわからない
  • 海外ドラマを見ても単語が聞き取れない
  • rとl、thとsを区別して発音できない
  • 曖昧母音を意識して発音していない

スマートフォンの音声認識ソフトを使って発音を確認する


正しい発音ができているかどうかは、スマートフォンの音声認識ソフトを使って確認します。何度でも練習できるので、正しく認識されるまで繰り返すと、本番でも自信を持って話せるようになります。

iPhoneを使っている場合は、「Siri」を使って発音チェックができます。「設定」→「Siri」→「言語」の順に設定することで、英語の音声入力が可能になります。下の図を参考に設定してみてください。

スマートフォンの音声入力設定

言語は英語(イギリス)と英語(アメリカ)のどちらかを選択します。ヨーロッパ企業とのやり取りが多い、またはヨーロッパ企業に就職を考えているならば、英語(イギリス)をおすすめします。

ヨーロッパ企業からするとアメリカ英語は俗っぽいらしく、アメリカ英語を話しているとイギリス式の発音に直すように注意を受けることもあります。日本はアメリカ英語一辺倒ですが、イギリス式の発音が好ましいと考える人もヨーロッパにはまだまだ多く存在しています。もちろん、アメリカ国内でもイギリス英語は通じるので、選択に迷う場合は「英語(イギリス)」で練習してみましょう。

thとsの発音


日本語の「さしすせそ」は英語にするとsa shi su se soに近い発音になります。一方、thは日本語に存在しない発音なので、練習しない限り発音できるようになりません。

最初は、よく使う「Thank you」でthの練習をしてみましょう。iPhoneのホームボタン(下部の丸いボタン)を長押しするとSiriが起動するので、「Thank you」と言ってみましょう。

thank youでthの発音をチェック

「Sank you」になっている場合は、「あなたを沈めた」という意味になってしまいます。「Thank you」と発音できるまで練習しましょう。文章が長くなるほど難しくなるので、正確に発音できるまで繰り返します。

下記の練習問題では、thとsの発音の両方を練習することができます。

thとsの発音を音声認識ソフトで練習する
thとsの発音を音声認識ソフトで練習する
thとsの発音を音声認識ソフトで練習する

thの発音は舌を噛むと教わった方も多いと思いますが、舌を噛んでいると次の単語に移る時にどうしても遅くなってしまいます。舌と歯の間の空気の流れでthの音が出るので、噛まない練習もしてみましょう。イギリスドラマのダウントン・アビーを見ると本場のthの発音がわかります。貴族の方々は、それは見事なthの発音をされています。


rとlの発音


日本語の「らりるれろ」を英語にすると、la li lu le loに近い発音になります。rの発音は巻き舌にして、舌を上顎に付けずに小さいゥを前に入れると上手に発音できます。例えば、writtenは「ゥリトゥン」と発音します。

最初は、女の子という意味の「girl」でrとlの発音練習をしてみましょう。中学校で習う単語ですが、発音の難易度で言えばrとlが同時に出てくるためかなり高難易度です。

girlでrとlの発音をチェック

下記の練習問題では、rとlの発音の両方を練習することができます。

rとlの発音を音声認識ソフトで練習する
rとlの発音を音声認識ソフトで練習する
rとlの発音を音声認識ソフトで練習する

正しく認識されないときの対処法


発音が正しく認識されないときは、辞書の発音記号をまずは確認してみましょう。thとs、rとlはもちろん、曖昧母音などもきちんと発音しないと認識されません。次にアクセント記号を見て、発音の強弱を意識してみましょう。

  1. 辞書で発音記号を確認
  2. アクセントの位置を確認
  3. 10回繰り返して発音する

あたりまえですが、英単語のスペルを覚えていないと正しい発音はできません。例えば、correspondent(特派員)という単語は、巻き舌のrで発音します。単語を覚えるのは大変ですが、繰り返し正しい発音で口に出すと早く覚えることができます。何十回も書いて覚える方法はおすすめしません。重要なのは通じる英語を話すということであり、そのためには正しい発音を身につける必要があります。

文法講座


英文法の重要性と品詞

  • 品詞について
  • 機械翻訳の限界
  • 文型と品詞

View details »

5つの文型

  • 文型の判断と訳
  • 文型を判断する方法
  • おすすめの電子辞書

View details »

他動詞と自動詞の違い

  • 自動詞
  • 他動詞と前置詞
  • 練習問題

View details »

12,000円/月からのビジネス英語の定額翻訳サービス

海外企業との取引をスムーズに進めたい方に最適。ビジネス分野における日英翻訳のプロフェッショナルが、メール、決算書類、契約書、議事録、招集通知などの文書を翻訳します

  • 一定量までは定額なので、短いメールでも気軽に翻訳をご依頼いただけます。
  • 最短1時間で翻訳文をメールでお届け(文量にもよります)
  • 目的を達成できるように論理の流れを校正し、英文にする前に改善ポイントをアドバイスします。